元極道牧師が聖書を斬る! マタイの福音書(上)
  昔極道・今キリスト教牧師 進藤龍也の源流


ご予約 受付中

2019年4月19日(金) 出版予定



価格: 1,200円+税
著者: 進藤龍也 著
刊行日: 2019年4月19日(予定)
ご予約はこちらから
ISBN: 978-4-909818-08-9
ページ数: 184ページ
体裁: 四六判・並製
 

 作品紹介

 「元極道牧師が聖書を斬る!」シリーズ第1弾

 「この本を読めば「聖書」は100倍楽しくなる!」(「まえがき」より)
 聖書を読んだことのない方にも、聖書の面白さを感じていただけること間違いなし!

 聖書は世界で最も読まれ、日本でもロングセラーでありながら、日本人には、あまり読まれていない。
 新約聖書の舞台は約2000年前のイスラエル。当時の風土・風習を把握しないとミスリードされてしまったり、意味不明な部分も少なくない。
 そこで、元ヤクザで服役中に聖書に触れ、人生の大転換を起こし、現在キリスト教の牧師である進藤龍也が、そのコミカルで特徴のある語り口で実際に起こった出来事を踏まえつつ分かりやすく聖書の疑問を解消していく。
 本書は、新約聖書の一番はじめに収録されている「マタイの福音書」の前半部分(1〜14章)を収録

 ヤクザが、どうして牧師になったのか? 進藤龍也の源流がここにある。

 著者紹介:進藤龍也(しんどうたつや)

 中学時代から札付きのワルで、高校を喧嘩で退学後、18歳でスカウトされ暴力団の組員になり、28歳で組長代行まで出世するが、覚せい剤にはまり破門される。
 3回目の服役中、ある女性から差し入れられた聖書を読んだことがきっかけで、今までの人生を猛省し回心する。
 出所後は正式にヤクザから足を洗い、シロアムキリスト教会で洗礼を受け、JTJ 神学校入学。
 神学校2年に在学中から開拓伝道を開始し、実母が経営していたカラオケスナックで礼拝をはじめる。
 現在は「罪人の友 主イエス・キリスト教会」「罪人の友 ザアカイの家」の主任牧師として活動する傍ら、海外を含めた全国各地の伝道集会・講演会などに招かれ巡回伝道者として認知度を高め、毎年5人以上を洗礼に導いている。
 文通、面会を通して、日本各地の受刑者と牧師として交流し、イエス・キリストの福音を伝え、さらに出所後に行き場のない元受刑者たちを教会へ受け入れ社会復帰までのサポートを行う「刑務所伝道」を主宰。
 岡山県基督教教誨師会準会員、刑務所伝道ミニストリー代表、VIP 川口ホープチャレンジ代表(南三陸支援&薬物問題アドバイザー)を歴任する。
 人生の遍歴や活動実績などが評価され、テレビ出演・雑誌掲載など多数。

1970年 12月23日に埼玉県蕨市で生まれる
1983年 中学入学。グレ始める
1986年 高校入学。ケンカが原因で1年2学期に退学
1987年 スカウトされヤクザになる
1988年 少年鑑別所に収監される
1989年 債権取立てによる住居侵入罪で逮捕されるが処分保留で20日の拘留で釈放
1990年 覚せい剤取締法違反で逮捕 懲役1年2ヶ月 執行猶予3年
1991年 覚せい剤取締法違反で逮捕 懲役1年2ヶ月
1991年 前科と併せて 懲役2年4ヵ月(松本少年刑務所)1回目の服役
1993年 出所 暴力団は除籍処分
1995年 覚せい剤取締法違反で逮捕 懲役2年10ヶ月(秋田刑務所)2回目の服役
1997年 出所 暴力団に養子縁組で復帰し組長代行に就任
2000年 覚せい剤取締法で逮捕 懲役2年4ヶ月(松江刑務所)3回目の服役
2000年 3回目の服役中に差し入れられた聖書を読み、塀の中で回心する
2003年 出所と同時にシロアムキリスト教会にて洗礼を受ける
2004年 JTJ 神学校入学
2005年 神学校2年に在学中から伝道師として開拓伝道を開始
2005年 埼玉県川口市西川口にて「罪人の友 主イエス・キリスト教会」開設
2005年 「刑務所伝道」を開始
2008年 牧師として按手される(牧師資格を取得)
2011年 2つ目の教会となる「罪人の友 ザアカイの家」を開設
2019年 埼玉県川口市南鳩ヶ谷にて新会堂を設立予定

著書一覧
 2010年1月「人はかならず、やり直せる」(中経出版)
 2010年4月「極道牧師の辻説法」(学研)
 2011年6月「未来はだれでも変えられる」(学研)
 2012年3月「立ち上がる力」(いのちのことば社)
 2014年6月「あなたにもある逆転人生」(いのちのことば社)

 目次

はじめに

マタイの福音書
 ・1章
 ・2章
 ・3章
 ・4章
 ・5章
 ・6章
 ・7章
 ・8章
 ・9章
 ・10章
 ・11章
 ・12章
 ・13章
 ・14章

巻末
・アダムとイブ
・なぜ十字架を通してでなければ天国に行けないのか?
・あとがきに代えて