愛する医者
  〜病院で読む 聖ルカによる福音書〜


ご注文は こちらから

2021年2月15日(月) 出版



価格: 2,500円+税
著者: ケビン・シーバー 著
刊行日: 2021年2月15日
ご注文はこちらから
ISBN: 978-4-909818-19-5
ページ数: 240ページ
体裁: 四六判・並製

 作品紹介

  1節ずつ分かりやすく丁寧に解説した
    「ルカによる福音書」副読本の決定版!

 本書は、聖路加国際大学や病院の教員、医師、看護師、その他の職員を対象に毎週木曜日に開かれる「聖路加朝祷会」のために著者が用意した資料「ルカメモ」が基になりました。
 この朝祷会は、賛美歌を歌い、聖書個所を輪読し分かち合いの時が持たれます。また残念ながら参加できなかった方々にも「ルカメモ」を毎週配信されています。こういった著者の活動の中で様々なフィードバックを経て「ルカメモ」は日々進化していきました。

 この度、1冊の本としてまとめる上で「ルカメモ」を加筆・再編集。

 1節ずつ詳細な解説の後「ふりかえり」として著者がセクションごとに総括する形で、短いセクションごとに分かれていますので、毎日少しずつ、お読みいただけます。

 聖ルカが福音の中で示している神さまの愛・希望・救いが、より具体的なものになる手助けになることを願います

 著者紹介:ケビン・シーバー

 1967年米・テキサス州出身。1991年に来日し、10年間金融業界でサラリーマンとして勤務。2001年に帰国し、バージニア神学校に進学。在学中に、バージニア州の総合病院を実習現場として認定臨床牧会教育(Clinical Pastoral Education)課程修了。2004年、神学専攻修士課程修了(優等)。2004年3月、聖書文学会(Society of Biblical Literature、米国最古学会)北東カンファレンスにて論文発表。
 再び来日し、聖公会神学院を経て、三光教会(東京・品川区)、香蘭女学校に勤務。2006年、聖公会執事叙任。2008年、聖公会司祭叙任。2007年から聖路加国際大学および、付属病院のチャプレン(専属牧師)、聖ルカ礼拝堂の牧師として勤務し牧会および、教鞭を執る(キリスト教概論、キリスト教倫理)。その他、大学・病院・プロテスタント教会・カトリック教会などに招かれ講話を担当すること多数。
 日本CGNTVの外国人宣教師ドキュメンタリーシリーズ「We love Japan」(2012年)、医療系学生向けメディアサービス「M-Labo」(2014年)、佼成新聞(2017年)などの取材を受ける。
 2017年、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生の葬送・告別式説教は報道されることも。

 目次

はじめに

ルカによる福音書の概要

ルカによる福音書
 ・1章
 ・2章
 ・3章
 ・4章
 ・5章
 ・6章
 ・7章
 ・8章
 ・9章
 ・10章
 ・11章
 ・12章
 ・13章
 ・14章
 ・15章
 ・16章
 ・17章
 ・18章
 ・19章
 ・20章
 ・21章
 ・22章
 ・23章
 ・24章

コラム
 ・イエス・キリストは実在したのか?
 ・「人の子」とは何?
 ・「神の国」とは何?
 ・「ファリサイ派」とは何?
 ・「サドカイ派」とは何?
 ・「サマリア人」とは何?
 ・「安息日」とは何?
 ・「メシア」とは何?
 ・イエスにとってのメシアとは何?
 ・洗礼者ヨハネにとってのメシアとは何?
 ・イエスのたとえ話
 ・悪魔の国と神の国の違いは何?
 ・イエスには兄弟がいたか?
 ・イエスの変容貌は何を意味する?
 ・聖書が言う「罪」とは何?
 ・イエスは子どもについてどう思われた?
 ・「天」とは何?
 ・「イエスの再臨」とは何?
 ・キリスト教では「罰当たり」についてどう考える?
 ・「悔い改め」とは何?
 ・「十字架刑」とは何?
 ・「陰府」や「地獄」は何?

あとがき